クリエイティブ系の資格

Webデザイナーになるのに、特定のWeb資格は必須ではありませんが、Webデザインに関する検定試験はあります。
取得すれば技術の証明になるので、現在専門知識をもった人材の需要が高いWeb業界での就職においてアピールポイントになるでしょう。
検定試験には、「Webデザイナー検定」、「ウェブデザイン技能検定」、「ホームページ制作能力認定試験」などがあります。
「Webデザイナー検定」は、Webサイトを制作するための知識や、Webサイトのデザインにおいて、そのコンセプトや予算などをもとに、企画・プレゼンテーション・制作の知識と技能を測る検定試験です。
基本的な理解を問う「ベーシック」と応用を問う「エキスパート」に分かれています。
「ウェブデザイン技能検定試験」は、Web業界でははじめてかつ唯一の国家資格です。
Webサイトの利用・設計・制作・運用に関する知識やWebデザインやシステム構築、セキュリティ対策のスキルを測る検定試験になります。
試験は1級〜3級までのレベルがあります。
ウェブデザイン技能検定試験は、「国家資格」という点でブランド力がありますし、就職時に一つの武器となるでしょう。
「ホームページ制作能力認定試験」は、Webページ制作ソフトを使用して、ホームページを制作する基本的な能力を認定する試験になります。
試験では、試験会場に設置されたパソコンを利用して、実際にホームページを作り、基本的な技術を身につけていると認定されれば合格できます。
ホームページ制作の基本スキルを測る試験なので、初学者のかたにとってはWebデザインの入り口となる試験といえるでしょう。

関連サイト

Copyright (C)2017徹底ガイド!今狙いたいWEB系の資格.All rights reserved.