Webデザイナーとは?

現代はインターネットが広く普及し、それに伴いWebデザイン、Web制作やインターネット広告も目まぐるしく進化し続けています。
したがって、ホームページやWebサイトを作る、「Webデザイナー」の活躍の場も広がっているのです。
自分でデザインをすることが好きで、様々文字・色使い、画像の配置を考えて、常に新しいものを作りだし、アートの感覚を使って日々仕事をするのが好きなクリエイティブなかたには向いている職種といえるでしょう。
Webデザイナーとなるために必須のWeb資格というのは特にありません。
しかしWebデザインを作るうえでのスキルを身につける必要があります。
たとえば、「フォトショップ」のような画像編集アプリケーションソフトを使いこなすスキル、「イラストレーター」といって、グラフィックデザインを作成するためのソフトウェアを使いこなすスキル、「ドリームウィーバー」というホームページを自由にデザインして作成するホームページ作成ソフトを作るスキルなどがWebデザイナーには必要です。
このようなスキルを習得するためにはスクールに通ったり、通信講座を受けたりする方法があります。
もちもん、独学という手もあります。
もっとも、ソフトの操作やWebサイト作成のための言語(HTMLなど)を独学で学ぶことは可能ではありますが、デザインに関しては、他人の客観的な指摘・指導がデザイン上達のうえで必要といえるので、デザインがしっかりと上達するような定評のスクールを選ぶのもいいかもしれません。

関連サイト

Copyright (C)2017徹底ガイド!今狙いたいWEB系の資格.All rights reserved.