オフィス系の資格?

オフィス系の資格には、代表的なものとして、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト、通称MOS(モス)と呼ばれるWeb資格があります。
MOSは、マイクロソフト社のOfficeソフトであるワード、エクセル、アクセス、パワーポイントなどのソフトをある一定のレベルで操作できることを証明する資格であります。
また、MOSは約200の国で実施されており、取得した合格認定証は世界で通用するものなのです。
事務の仕事をされているかたであれば、Officeソフトでの仕事の処理は必須です。
何となく触っているうちに操作ができるようになったり、自分流の方法で習得し、パソコンの操作ができるようなったりするかたもいるかもしれせん。
しかし、オフィスで使用するワードやエクセルといったアプリケーションは実は一つの操作でも複数のやり方があり、その中で自分が知っていた操作よりもより早いやり方があることもあります。
また、今まで自分がしていた操作方法よりもずっと効率的な方法があることもあります。
MOSの勉強を通して資格を取得することで、一通りの範囲の操作を学び、習得することができるのです。
したがって、今まで知らなかった機能にも触れる機会もできます。
そして、これまで漠然と「パソコンが使える」という感覚かたでも、客観的にOfficeソフトのスキルを習得していることが証明されることになります。
また、MOSの試験には、たとえば同じワードであっても、ワード2007やワード2010というようにソフトのバージョンによって試験の種類が変わってくるので、自分の会社で使っているバージョンや自分の必要としているバージョンを勉強してMOSを取得し活用しましょう。
Copyright (C)2017徹底ガイド!今狙いたいWEB系の資格.All rights reserved.